オンラインショップ

新製品情報

305Wソーラーパネル SP305
SP305は、システムに電源を供給する305Wのソーラー電池パネルです。大電力が要求されるシステム向けの大容量仕様です。AC電源が無いような遠隔地のシステムなどに使用されます。ケーブル長は注文時に任意の長さで指定することができます。このソーラーパネルでバッテリーに充電するために、チャージコントローラーCH400が必要です。ポールや三脚CM106Bなどの脚部に取り付けるためのマウントがオプションで用意されています。
PVモジュール背面温度センサー CS241
CS241は、両面式ソーラー発電システムの評価システムに用いる、次世代型背面温度センサーです。従来型からのデザインの改良により、PVセルの発電影響を抑えるためと、さらに表面温度低下を防ぐための小型化と計測性能向上だけでなく、設置の簡易性も向上しています。さらにはモジュール取付けの接着性能が向上し、より耐高温性のより細いテフロンケーブルを採用しています。要求性能に合うように全てのCS241はNISTトレーサビリティのキャリブレーションを提供しています。
16ch デジタル入/出力増設モジュール SDM-IO16A
SDM-IO16Aは、デジタル入出力を16チャンネル拡張するSDM機器です。キャンベル社データロガーのCポートと似た働きをすることができます。旧タイプのSDM-IO16からよりコンパクトになり、さらに全チャンネルにガス放電管を備え、サージ保護機能が強化されています。
ハイスピードモードがあり、8kHzのパルスを計測できます。
超音波距離センサー 高耐環境性 SR50A-EE
SR50A-EEは、耐環境用に陽極酸化された超音波距離計です。音波発信器から発振された超音波パルスの対象物からの反射波を、受信機が受けるまでの時間の変化によって対象物までの距離を計測します。腐食などが発生するような極限環境で計測が行える様にデザインされています。特徴の一つとして、MIL-A-8625 Type III(硬質陽極酸化手順)に準拠したアルミボディがあり、このクラスで最高の耐腐食性と摩耗抵抗を備えています。まず、機器設置後地表までの距離を算出しておき、その距離から計測距離を差し引いて積雪深を算出します。より正確な数値を算出するために、気温を計測して空気中の音波速度を補正する必要があります。センサー出力方式はRS232、RS485、SDI-12の3種類があり、方法に応じてデータロガーとの接続方式が異なります。キャンベル社製データロガーでは、基本的にSDI-12を使用して通信します。
ヒーター付3軸音波風速センサー CSAT3BH
CSAT3BHは、寒冷地のステーションに最適です。スマートヒーティングシステムで、必要量だけをヒーティングすることで効率的に雪や凍結からセンサーを守ることができ、寒冷地でも継続して信頼できるデータが取得できます。凍結を防ぐことにより、長期間のデータロスを防ぐことができます。CSAT3BHは今までの単なるオン/オフ制御と異なり、必要な時に必要量だけ的確にヒーティングすることができます。さらに、データ処理に必要なヒーターステータスフラグで、ヒーターの挙動を正確に知ることができます。
12Vチャージコントローラー CH201
CH201はマイクロコントローラーベースのスマートチャージコントローラーで、12Vdcの鉛蓄電池充電制御に最適です。CH201は最大電力点追従機能を備えており、最適なバッテリーの充電電圧と電流を管理でき、バッテリーの劣化を少なくします。入力チャンネルが2つあり、ソーラーパネルとDCチャージャーから入力ができます。2系統からチャージすることにより、バッテリーへの安定的な充電ができます。バッテリーなどの電源モニタリングができるよう、SDI-12やRS-232で様々なステータス情報を出力できます。システム中では、CH201を使用することでバッテリーの充電やデータロガー/周辺機器への12Vdc供給ができます。12V出力は制御されており、バッテリーへは最大10Aの充電レートで充電できます。
タイムラプスカメラ・ビデオ TLC2020
BR-TLC2020は1台でタイムラプスビデオ・ステップビデオ・ストップモーションの3種類が撮影できるタイムラプスカメラです。フルHD画質で従来より高品質の動画が撮影できます。
タイムラプスカメラ・ビデオ TLC2000
BR-TLC2000は1台でタイムラプスビデオ・ステップビデオ・ストップモーション・静止画の4種類が撮影できるタイムラプスカメラです。フルHD画質で従来より高品質の動画が撮影できます。更に87.5gと軽量になりました。通常の防水ケースと外部電池付き防水ケースの2種類がございます。
光量子センサー SQ500(CS310)
SQ500は0-40mV出力の自家発電式のアナログ全領域光量子センサーです。センサーはブルー高感度シリコンフォトダイオードとカスタム光学フィルターとアクリルディフューザー内蔵の頑丈な自己洗浄機能を備えた陽極酸化アルミ筐体で構成されています。
RS485出力全天日射センサー SMP10
SMP10はRS485出力全天日射センサーです。全範囲の光波長の放射を計測します。気象観測ステーションや太陽光エネルギーの研究や開発に最適です。SMP10は二重ガラスドーム内にある黒色のサーモパイルで計測しています。285から2800nmにまんべんなく感応します。自然光、キャノピー下、グリーンハウス、人工光下での計測に最適です。さらに、下向きに反転すると下向き放射も計測できます。内蔵された乾燥剤が、ドーム内の結露を防ぎます。また、CVF4ヒーター付ベンチレーションとの互換性があり、凍結や結露からセンサーを守てくれます。遮光シールドを簡単に着脱できます。さらに、遮光シールドを付けたまま、レベル調整が可能です。
セカンダリースタンダード全天日射センサー CMP10
CMP10はISOセカンダリースタンダード全天日射センサーです。全範囲の光波長の放射を計測します。気象観測ステーションや太陽光エネルギーの研究や開発に最適です。CMP10は二重ガラスドーム内にある黒色のサーモパイルで計測しています。285から2800nmにまんべんなく感応します。自然光、キャノピー下、グリーンハウス、人工光下での計測に最適です。さらに、下向きに反転すると下向き放射も計測できます。内蔵された乾燥剤が、ドーム内の結露を防ぎます。また、CVF4ヒーター付ベンチレーションとの互換性があり、凍結や結露からセンサーを守てくれます。遮光シールドを簡単に着脱できます。さらに、遮光シールドを付けたまま、レベル調整が可能です。
基準太陽電池セル CS325DM
CS325DMはPVモニターシステムに使用される、シリコン太陽放射センサー、いわゆる基準太陽電池セルとして使用されるセンサーです。センサーエレメントは波長選択性や入射角調整などPVモジュールと一致するように設計されています。出力信号はModbusRTU RS-485またはアナログです。
計測制御データ収集システム GRANITE10
GRANITE10およびGRANITE9はCampbell社製品の中で最もパワフルな計算能力を備えたデータ収集システムです。VOLT100シリーズやTEMP120、VWIRE305などのGRANITE計測モジュールで構成された完全なデジタル計測制御DAQネットワークにおいて、GRANITE10は核となる存在です。GRANITE10は汎用CANチャンネル、そして120GB SSDを備えています。自動車試験の究極のマシンです。
計測制御データ収集システム GRANITE9
GRANITE9およびGRANITE10はCampbell社製品の中で最もパワフルな計算能力を備えたデータ収集システムです。VOLT100シリーズやTEMP120、VWIRE305などのGRANITE計測モジュールで構成された完全なデジタル計測制御DAQネットワークにおいて、GRANITE9は核となる存在です。
計測制御データ収集システム GRANITE6
GRANITE6は完成されたデータ収集システムの核となる存在です。GRANITE6は高速通信、低消費電流、ビルトインUSB、Wi-Fi、高正確度、高解像度計測を提供します。端子台のU(ユニバーサル)チャンネルは、計測するセンサーの出力様式によって自由に設定が可能です。
ORPセンサー EHAN
EHANはAg/AgClおよび可塑化された飽和KCl電解液のPLASTGEL®と呼ばれる参照電極が内蔵されています。PLASTGEL®は多孔や毛細管が無くても、外部環境と直接接触することができます。それにより、目が詰まり参照電極が働かなくなるという心配がありません。測定電極はガラスロッド上にある3.5mm²の白金環です。in-situで連続計測しています。SDI-12プロトコルを介して一般的なデバイスに接続できます。
温湿度センサー EE181
EE181は、長期無人計測に最適な耐環境性の精密温湿度センサーです。RHセンサーは特殊コーティングにより、汚れ、塩、塵などの外敵から守られており、長くご使用いただけます。1000Ωの白金抵抗体により-40~+60°Cに亘る温度計測が可能です。よりより計測を得るために、1年ごとの再キャリブレーションを推奨しております。
温湿度センサー HygroVUE5
HygroVUE5は、デジタル出力の温湿度センサーです。SDI-12規格を採用しており、シンプルな配線でSDI-12対応のデータロガーで簡単に高精度の計測値が得られます。エレメントはフィールド上で容易に交換ができます。エレメント内部にキャリブレーションデータが入っているので、センサーを取り外してキャリブレーションに出すという時間とコストを省略できます。ステンレスメッシュフィルターにより、大気中の塵の影響を最小限にしつつ結露を防ぐことができます。計測エレメントの表面に取り付けられたPTFEろ紙は更に細かい塵からもエレメントを保護します。
マルチポイントスキャン降雪センサー SDMS40
SDMS40は、パワフルでコストパフォーマンスの高い、レーザー式の2Dマルチポイントスキャン降雪センサーです。かつてのレーザー式積雪深センサーは複雑で、高価なものでしたが、SDMS40はそれらの問題を解決しています。SDMS40のパフォーマンスと安定性はテストデータから実証されています。コンパクトで全自動のマルチポイントスキャンセンサーにより、精度の高いデータをリーズナブルに得ることができます。素早く確実な降雪開始や融雪検知は、積雪センサーに求められていた機能で、SDMS40はその願いをかなえています。キャンベル社が自信を持ってお届けする高品質かつ高精度なセンサーです。
デジタル出力日射センサー SR30
SR30はセカンダリースタンダード(二次準器)の全天日射計です。Recirculating Ventilation and Heating(RVH™)を搭載しており、極弱い雨や結露などを取り除くことができます。他の日射計と異なり、付属のベンチレーションユニット等を用いずともIEC61724-1に準拠しています。二次準器なので、高精度な計測が求められるシステムで活躍します。
セカンダリースタンダード全天日射センサー SR20
SR20はセカンダリースタンダード(二次準器)の全天日射計です。内部に温度計が入っているので温度補正が可能です。また、ヒーターも内蔵されており、極弱い雨や結露などを取り除くことができます。二次準器なので、高精度な計測が求められるシステムで活躍します。アナログ出力とデジタル出力のタイプがございます。
濁度・温度センサー OBS-3A
OBS-3Aは濁度、圧力、温度、伝導度センサーが一体になったバッテリー駆動のセンサーです。筺体は水深300mまで耐えられる高耐圧構造です。キャンベル社のHydroSciソフトウェアを用いて、簡単に計測の設定ができます。
着氷センサー 0871LH1
0871LH1は、着氷を検出するセンサーです。これにより交通警報を出したり、風車や飛行機の着氷検出など、施設やシステムのダメージ、事故を未然に防ぐための効果的なアクションを起こすことが可能になります。ニッケル合金製の検出ロッドの共振周波数が変化することにより着氷の有無を検出することができます。RS-422デジタル信号で出力されます。
温湿度センサー HYGROVUE10
HYGROVUE10は、デジタル出力の温湿度センサーです。SDI-12規格を採用しており、シンプルな配線でどのようなロガーでも簡単に高精度の計測値が得られます。ステンレスメッシュフィルターにより、大気中の塵の影響を最小限にしてくれます。計測エレメント上にPTFEろ紙を付けることによりさらに細かい塵から保護されています。
4Gデータ通信ゲートウェイ CELL225
CELL225は4G対応の産業用データ通信ゲートウェイです。データロガーとはシリアル、またはCS I/Oを利用して通信し、シリアルサーバー、シリアルクライアント、PPPホストとして使用できます。低消費電流で、通信時でも約40mA程度に収まります。ブラウザベースの設定ツールが内蔵されており、ブラウザ上から簡単に設定ができます。
土壌プロファイルプローブ SoilVUE10
SoilVUE10はTDRの技術を応用した土壌センサーを6つないし9つ内蔵した土壌プロファイルセンサーです。SoilVUE10はらせん状に溝が刻まれたデザインをしています。この溝により設置が容易になり、土壌との接触が良くなります。ケーブルコネクタはIPレート67の防水防塵性能があります。
精密全天日射計 MS-80
MS-80はISO9060のセカンダリースタンダード(二次準器)準拠の精密日射計です。最新の技術を駆使した最新鋭の一品です。他に類を見ない、低ゼロオフセット、高速応答、5年にも亘る長期保証と低頻度の再校正です。更に5年間乾燥材の交換が不要です。RS-485通信タイプのMS-80Mもございます。
2次元音波風速センサー WINDSONIC4
WINDSONIC4は、2次元の超音波風向風速計です。その他の伝統的な3杯式、プロペラ式、矢羽式の風向風速計との違いを提供してくれます。SDI-12出力なので、データロガーのチャンネルが節約できます。