オンラインショップ

取扱製品

CS220

CS220

表面温度センサー

CS220は、直接取り付けた表面の温度を計測するE型熱電対の表面温度センサーです。主にソーラー発電システムに用いられますが、、その他様々な物体の表面温度を計測できます。ソーラーエネルギーシステムは、パネル温度はソーラー発電に影響を与えるので、そのパネル温度を計測することが重要になります。一般的にパネル温度が上昇すると、出力は低下すると言われています。

特長

  • ソーラーエネルギーシステムに最適
  • ASTM E230-ANSI MC96.1適合の熱電対許容差
  • 簡単設置
  • ほとんどのキャンベル社製データロガーとの互換性

仕様

センサー E型熱電対(クロメル-コンスタンタン)
動作温度範囲 <260°C
ケーブル温度レーティング 105°C
代表出力値 60µV/°C
許容差 ASTM E230-ANSI MC96.1(特別制限1.0°Cまたは0.4%(0~900°C))適合
基準接点0°C
最大接着温度 260°C
正確さ 各データロガーマニュアルの熱電対計測項参照
応答速度 0.15秒
感度 +1°C
ステンレス編組ケーブル長 1.0m
熱電対長 2.54cm
熱電対幅 1.91cm
重量 238g(15.24mケーブル込)

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい

CS220 英文カタログ