オンラインショップ

取扱製品

CS225

CS225

多点測定用温度センサー

CS225は高品質な計測器を世界に提供するという義務の最たるものです。デザイン改革、厳しい検証手順、そして厳格な品質基準、これらすべてはたとえ過酷環境下でも希望するとても優れた信頼できるデータを提供することにフォーカスしています。(詳しくはこちら
CS225は簡素な構成と信頼性のために多点温度プロファイルとSDI-12出力を採用しています。鋼強化ケーブルにマウントされた温度センサーで構成されているので、土中、水中、建築構造物の中にも設置することができます。温度計測ポイントはモールドされているため様々な媒体中でも長期保護されています。

特長

  • SDI-12センサーなので、1チャンネルで全センサーを計測可能
  • 遠隔地システム向けの低消費電流
  • キャリブレーション不要
  • 広温度範囲
  • SGB3によるサージ保護機構
  • 極めて頑丈で、十分なセンサーテスト

様々な環境への適応

CS225による温度プロファイルは以下の様々な環境に適しています。

  • 掘削孔温度プロファイルや掘削孔地面計測
  • 地熱勾配計測
  • 湖沼の成層など温度成層計測
  • 地温プロファイル
  • 水温プロファイル
  • 凍上観測
  • 永久凍土域の活動層計測や、永久凍土の深度計測
  • 熱流計測

仕様

動作温度範囲 -55~85°C
正確さ(標準) ±0.2°C(-40~+85°C)(生涯ドリフト含む)
正確さ(ワーストケース) ±0.4°C(-40~+85°C)(生涯ドリフト含む)
±0.5°C(-55~-40°C)(生涯ドリフト含む)
分解能 0.0078°C
最大圧力 150psi
通信 SDI-12
最大センサー数/プローブ 36
最小センサー間隔 15cm
動作電圧 9~28Vdc
消費電流 待機時:最大1.0mA
計測時:20mA(+センサー数×1.0mA)
起動時間 10秒
温度計測ポイント径 2.22cm
最大ケーブル長 152m(500ft)
リセット可能な最大最小温度記録 可能
最大最小温度記録期間 全計測
自動計測インターバル 1秒

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい

CS225 英文マニュアル CS225 英文カタログ