オンラインショップ

取扱製品

CS230

CS230

プロファイル温度センサー

CS230はシンプルな構成のSDI-12出力プロファイル温度センサーです。
SDI-12出力なのでアナログ出力のようなノイズ影響による計測値の影響や不安定性がありません。
CS230は頑強なプローブと最大4つまで追加できる温度プローブで構成されています。頑強なプローブは温度プローブを長期間同一箇所に保持するためのプローブです。
CS230はシーリングされた筐体や、温度プローブが外付けでシーリングされた筐体なので、路盤、路床や土壌、水中の温度プロファイル計測に適しています。

特長

  • 生涯計測値のMin/Maxが利用可能
  • カスタム可能なフレキシビリティ
  • 路盤、路床向け外付け温度プローブ
  • ユーザーリセット可能なMin/Maxが利用可能
  • 1秒ごとの自動計測
  • サージプロテクターSGB3付属
  • 1チャンネルで全温度プローブの計測が可能
  • 低消費電流
  • キャリブレーション不要
  • センサー内部にシリアル番号と設置深度保持

仕様

動作温度範囲 -55~+85°C
正確さ(標準) ±0.2°C(-40~+85°C)(生涯ドリフト含む)
正確さ(ワーストケース) ±0.4°C(-40~+85°C)(生涯ドリフト含む)
±0.5°C(-55~-40°C)(生涯ドリフト含む)
分解能 0.0078°C
通信 SDI-12
最大センサー数/プローブ 32
最小センサー間隔 5cm
最大外付けプローブ数 4
動作電圧 9~28Vdc
消費電流 待機時:最大1.0mA
計測時:20mA(+センサー数×1.0mA)
起動時間 10秒
プローブ径 2.13cm
外付けプローブ標準長 45cm
プローブ最大長 3m
最大ケーブル長 152m

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい

CS230 英文マニュアル CS230 英文カタログ