オンラインショップ

取扱製品

CSAT3BH

CSAT3BH

ヒーター付3軸音波風速センサー

CSAT3BHは、寒冷地のステーションに最適です。スマートヒーティングシステムで、必要量だけをヒーティングすることで効率的に雪や凍結からセンサーを守ることができ、寒冷地でも継続して信頼できるデータが取得できます。凍結を防ぐことにより、長期間のデータロスを防ぐことができます。
CSAT3BHは今までの単なるオン/オフ制御と異なり、必要な時に必要量だけ的確にヒーティングすることができます。さらに、データ処理に必要なヒーターステータスフラグで、ヒーターの挙動を正確に知ることができます。
CSAT3BHはCSAT3Bのヒーター付仕様で、性能はCSAT3Bと同じです。
CSAT3B情報はこちら。

特長

  • 過酷環境用の特殊コーティングオプションで、過酷な環境でも計測可
  • センサー部と本体部の2系統ヒーター
  • 電源節約のための環境フィードバックを採用したヒーターコントローラー
  • フラグにより重要なヒーター稼働状況を提供

仕様

動作温度範囲 -40~+50°C
出力項目 ux,uy,uz,Ts (uは3軸の風成分、Tsは音仮温度)
出力タイプ SDM、CPI、USB、RS-485
音速 3つの計測パスにより決定(横風影響補正あり)
風向測定範囲 2.5~357.5°
測定範囲 ±65m/s
フィルター帯域幅 5、10、20、25Hz
測定パス長 10cm
各軸傾斜角 60度
トランスデューサー直径 0.64cm
トランスデューサーマウントアーム直径 0.84cm
サポートアーム直径 1.59cm
センサーヘッド重量 1.9kg
センサーヘッド寸法 L63.1 x W12.3cm x H43.3
電源
入力電圧 9.5~32Vdc
消費電流(10Hz) @12Vdc:110mA
@24Vdc:65mA
消費電流(100Hz) @12Vdc:145mA
@24Vdc:80mA
ヒーター消費電流 6.2A@24Vdc
アーム&支柱部@24Vdc 通常時:0.74A
ヒーティング時最大:2.46A
トランスデューサー@24Vdc 通常時:1.13A
ヒーティング時最大:3.75A
システムトータル@24Vdc 通常時:1.86A
ヒーティング時最大:6.2A
コントローラー消費電流 30mA@24Vdc(ヒーターオフ時)
風向風速計測正確度*¹
最大オフセット誤差 <±8.0cm/s(ux, uy)、<±4.0cm/s(uz)
最大ゲイン誤差 読み値の<±2%(風向が水平より±5°)
読み値の<±3%(風向が水平より±10°)
読み値の<±6%(風向が水平より±20°)
分解能
ux、uy 1mm/s RMS
uz 0.5mm/s RMS
Ts ±0.002°C RMS (@25°C)
風向 <0.058° (ux = uy ≤1m/s)
計測レート
データロガートリガー 1~100Hz
自発出力(to PC) 10、20、50、100Hz
内部自己トリガー 100Hz
計測遅延
データロガートリガー(フィルターなし) 1トリガー(1秒計測インターバル)
自発出力(フィルターなし) 10ms
フィルターあり出力(トリガーまたは自発) 795ms(5Hzフィルター)
395ms(10Hzフィルター)
195ms(20Hzフィルター)
155ms(25Hzフィルター)
内部モニター計測
アップデートレート 2Hz
傾斜計正確度 ±1°
RH正確度 ±3% (10~90%)
±7% (0~10%)
±7% (90~100%)
基板温度正確度 ±2°C
SDM
ビット周期 10µs~1ms
ケーブル長 最大7.6m(10µsビット周期)
最大76m(1msビット周期)
SDMアドレス 1~14
バスクロック ~200
CPI
ボーレート 50kbps~1Mbps
ケーブル長 最大15m(1Mbps)
最大122m(250kbps)
最大853m(50kbps)
CPIアドレス 1~120
バスクロック ~300
RS-485
ボーレート 9.6kbps~115.2kbps
ケーブル長 最大305m(115.2kbps)
最大610m(9.6kbps)
バスクロック ~500(ASCIIフォーマット)
USB
通信速度 USB2.0最大12Mbps
ケーブル長 最大5m
∗1 温度-40~+50°C、風速<30m/s、風向±170°の場合

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい

CSAT3BH 英文マニュアル