取扱い製品

EC150

EC150

CO2/H2Oオープンパスガスアナライザー

EC150は、渦相関法に使用するCO₂/H₂Oオープンパスアナライザーです。 遠赤外線の吸収率により、空気中におけるCO₂とH₂Oの密度を測定します。
それぞれの発振器と受信器は密閉構造なので雨によるダメージを受けることはありません。 降雨中に発振部と受信部の表面に水滴が付いている間は計測できませんが乾くと同時に計測できます。 キャンベル社の測定用通信プロトコルSDM(Synchronous Device for Measurement)によって キャンベル社製のデータロガーと通信します。 最大100Hzの計測ができます。 SDM方式の他に、アナログ、RS232形式でも同時に出力できます。

特徴

  • 気流への影響が小さいセンサー形状
  • ガスと風速の完全な同地点での計測が可能
  • EC100によるCSAT3Aとの自動データ同期
  • ソーラー駆動可能な低消費電流
  • 低ノイズ

製品仕様

                    
出力項目 CO₂, H₂O密度、大気温度、大気圧、CO₂, H₂O信号強度
測定間隔 100Hz
出力周波数域幅 5, 10, 12.5, 20, 25Hzから選択可能
出力間隔 5~50Hzで任意に設定可能
測定精度 CO₂密度: 0.2 mg/m³ (0.15umol/mol)
H₂O密度: 0.004g/m³ (0.006mmol/mol)
環境温度 -30~50℃
測定範囲 CO₂ 0~1830mg/m³
H₂O 0~42g/m³
大気温度 -30~50℃
大気圧 75~105kPa
電源 10~16Vdc
消費電力*1 CSAT3A有 5.0W
CSAT3A無 4.1W
寸法 51.5cm
高さ 31.1cm
ケーブル長 3m
EC100 24.1×35.6×14 cm
重量 センサー部(ケーブル込) 2.8 kg
EC100 3.2 kg
*1 25℃において

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい