取扱い製品

237

237

結露センサー

237は櫛の歯状の電極間の電気抵抗の変化から葉面の結露を類推するセンサーです。
結露した場合、表面に付着した水分によって電気分解が起きるのを防ぐため、センサーに対する電圧印加はプラスとマイナスを交互に与えます。
この極性の切り替えはキャンベル社製のデータロガーが標準で持っている測定命令で行い、
結露は前もって定めた閾値によって判定します。

特徴

  • 環境に合わせて自由にコーティング
  • 疑似葉
  • キャンベル社製データロガーとの互換性

製品仕様

                         
抵抗変化 未塗装 通常50~500kΩ
塗装済 通常20~1000kΩ
動作温度 0~100℃
短期間保管可能温度範囲 -40~150℃*1
寸法 7.1×7.6×0.64cm
重量(10ftケーブル込) 91g

*1 -40℃を下回るとセンサーが故障する可能性が御座います。

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい