取扱い製品

CS616

CS616

TDR土壌水分センサー

CS616土壌水分センサーはTDR原理を応用したセンサーです。
センサーの基部にあるエポキシで固定されたプリント基板から発振された電磁波が、
付属のステンレスロッドの先端から反射して帰還すると次の発振をします。
その発振間隔を測定し、その時間(msec)に補正式を与えて土壌水分を求めるものです。
土壌が硬い場合はオプションのガイドとピンを使用します。

特徴

  • ほとんどのキャンベル社製データロガーとの互換性
  • 高正確性と高精度
  • 高速応答
  • フィールドでの長期観測に最適
  • AM16/32Bマルチプレクサとの互換性

製品仕様

                     
寸法 エポキシ部 110×63×20 mm
ロッド部 3.2 mmφ L = 30 cm
ロッド間隔 32 mm
重量 本体(ケーブル別) 280 g
ケーブル 35 g / 1 m
電源 12 Vdc (5~18 Vdc)
消費電流 65 mA (計測時)
ケーブル長 最大305 m (5 ft単位で指定可能)

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい