取扱い製品

CS125

CS125

現在天気視程計

現在天気視程計CS125は赤外線前方散乱式を採用し、リアルタイムの気象と指定を計測できます。 空港、道路、港などで無人による長期的な環境計測に使用されることを推奨します。 56のSYNOP(地上実況気象通報式)コード、METAR(定時飛行場実況気象通報式)コード、 NWS(アメリカ国立気象局)コードに対応し気象を報告します。

特徴

  • 最大75kmまでの指定が計測可能
  • 自己診断機能付き
  • ヒーター搭載であらゆる環境に適応
  • 長期観測に最適

製品仕様

  • 標準
  •                      
    視程測定可能範囲 10m~75km
    計測正確度/分解能 ±2%(校正後)/1m
    出力 50 SYNOPコード、METARコード、NWSコード
    検出可能降雨強度 0.05mm/h
    消費電流 待機時(ヒーター未使用) 21mA
    計測時(ヒーター使用) 200mA
    フードヒーター 電源 23Vdcまたは23Vac
    消費電力 2×30W(合計60W)
    波長 850nm
    インターフェース RS-232またはRS-485
    シリアルデータレート 1,200~115,200bps(デフォルト38,400bps)
    動作湿度範囲 0~100%
    動作温度範囲 -25~60℃
    広温度 -40~70℃
    耐風速 60m/s迄
    ヒーター閾値 夜露防止ヒーター ON:<35℃、OFF:40℃<
    フードヒーター ON:<5℃、OFF:20℃<
    寸法 W64×H54×D24.6cm
    重量 3kg

    より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい