オンラインショップ

取扱製品

SN500SS

SN500SS

Apogee 4成分放射収支センサー

SN500SSは上下方向に向けられた2セットの赤外放射計と日射計とで構成され、短波放射量と赤外放射量の上下方向の4成分を同時に測定します。SDI-12で、各成分のデータをまとめて出力できるので、配線が少なく、チャンネルの節約になります。SN500SSには標準としてセンサー、マウンティングロッド、ケーブル、キャリングケースが含まれており、煩雑な付属品やオプションの選択は不要です。

仕様

センサータイプ 熱電堆形日射計2基、赤外放射計2基
ヒーター 消費62mA、740mW@12V電源
動作温度範囲 -50~80°C
応答速度 1秒(SDI-12転送レート、センサー検出速度は0.5秒)
ヒーター消費電流 63mA(ヒーターオン、通信機能オン)
1.5mA(ヒーターオフ、通信機能オン)
0.6mA(ヒーターオフ、通信機能オフ)
寸法 11.6 x 4.5 x 6.6cm
重量 320g(5mケーブル、マウンティングロッド込)
日射計
波長域 上向き:385~2105nm
下向き:295~2685nm
感度 上向き:0.057mV/W/m²
下向き:0.15mV/W/m²
期待出力範囲 上向き:0~114mV
下向き:0~300mV
赤外放射計
波長域 5,000~30,000nm
感度 0.12mV/W/m²
期待出力範囲 -24~+24mV

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい

SN500SS 英文マニュアル