オンラインショップ

取扱製品

CCM-200plus

CCM-200plus

クロロフィル含有量メーター

CCM-200plus は、対象に傷をつけることなく、植物の葉や穀物のクロロフィル含有量を迅速・正確に測定します。
すりつぶす作業や破壊検定を必要とせず、迅速・正確・簡単に測定できるため、重要なデータを従来と比べてより速く収集・評価できます。
C3 型・C4 型植物双方に幅広く使えるため、特に穀物や小麦類の窒素・肥料の改善プログラムに威力を発揮します。

特長

  • サンプルを破壊せずにクロロフィルを測定
  • 環境負荷の影響モニター
  • クロロフィル含有指数を表示
  • きゅう肥性能・需要の評価と調査
  • 野外作業に適した軽量のハンディータイプ

仕様

           
測定パラメーター 2つの波長帯域における吸光度:653nm(クロロフィル)
931nm(近赤外線)
測定範囲 直径3/8インチ(9.5mm)の円
解像度 0.1CCI単位
再現性 ±1%
光源 2種類の波長のLEDモジュール
データ蓄積容量 最大160,000件の測定データ、又は追加GPSデータ入力ができる
94,000回分の8MBのメモリー
データモード 1点測定:ユーザーが任意に選択できる1~30点の測定値
平均、2σ標準偏差外にある逸脱値を除外した10~30点
の統計的プロトコル
温度範囲 0~50℃
寸法 15.2×8.2×2.5cm
重量 162g
入力/出力 USB1.1およびRS232、複数ポイント型ファイル
出力、オンデマンド型単一ポイント出力、NMEA
0183準拠のGPSデータ入力

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい

CCM-200plus 英文カタログ