オンラインショップ

取扱製品

CCM-300

CCM-300

極小葉用クロロフィル含有量メーター

他製品では測定の難しい少量のサンプルにも対応し、信頼性の高い広い測定範囲を提供します。

特長

  • 針葉樹の葉、芝類、稲、穀物の葉、果実に対応
  • 多くの植物で、発芽から成熟までのクロロフィル量を測定できる
  • クロロフィル含有量が多い場合でも、化学試験との相関性が高い
  • 大きな測定範囲 - 41mg/m2から675mg/m2までの信頼性の高い測定が可能
  • 窒素管理アプリケーション-最大30個の測定値をオンボードで平均化することが可能

技術仕様

                                
測定パラメータ CFR(Chlorophyll Fluorescence Ratio)法。735nmの強度と700nmの強度の蛍光発光比のことで、相対的なクロロフィル含有量をmg/m2で表したもの。
測定面積 直径3mmの円、外径4mmの円。ただし、3mmよりもはるかに小さいサンプルも確実に測定できます。
解像度 比率 0.01または1mg/m2
再現性 信号強度に依存します。信号強度が低いサンプルでは、複数の測定値の平均化を推奨します。信号強度の高いサンプルでは、比の値が+- 0.03以上になることが一般的です。
ノイズ <+/- 2%
光源 460nmの青色LED、半値幅は15nm
検出部 ソリッドステートの高感度検出器を2個搭載。バンドリミッティングフィルターセットを提供。2つの波長を同時に検出。700ナノメートルから710ナノメートル、730ナノメートルから740ナノメートル。
データ蓄積容量 2ギガバイトの不揮発性フラッシュメモリーを搭載
データモード シングルポイント測定 2~30サンプルの測定の平均化 2シグマの異常値除去による平均化 中央値の決定
サンプル用インターフェース 直径4mmの光ファイバープローブ
ユーザーインターフェース 240×320ピクセルのカラータッチスクリーン
出力 USB 1.1.
温度範囲 0-50oC.
電源 単3形充電池2本使用
自動OFF間隔 0分から20分までプログラム可能(キー操作やダウンロードがない場合)
寸法・重量 12 cm x 9 cm x 3 cm.  0.6 lbs (275 g).
測定所要時間 5秒
セット構成品 蛍光光度計、光ファイバー、サンプルホルダー、バッテリーチャージャー、単三型ニッケル水素充電池4本、USBケーブル、トランスポートケース、マニュアル

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい

CCM-300 英文カタログ